ranunculus silerifolius (キツネノボタン)
5e96f69e55fa03549c571ea7 5e96f69e55fa03549c571ea7 5e96f69e55fa03549c571ea7 5e96f69e55fa03549c571ea7 5e96f69e55fa03549c571ea7 5e96f69e55fa03549c571ea7

ranunculus silerifolius (キツネノボタン)

¥4,800 税込

送料についてはこちら

キツネノボタン=狐の牡丹"Ranunculus silerifolius"(ラナンキュラス・シラフォリアス)は、キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草。実の形から(特に兵庫県三原郡・津名郡、山口県玖珂郡で)コンペイトウグサと呼ばれることもあり、秋田県雄勝郡、山形県酒田市、新潟県佐渡市、長野県下水内郡、福岡県山門郡・八女郡・柳川市、大分県南海部郡・佐伯市などではその他、ウマゼリとも呼ばれる。  同じキンポウゲ属のウマノアシガタやタガラシと共通する成分(ラヌンクリン ranunculin)を含む有毒植物であり、誤って食べると口腔内や消化器に炎症を起こし、茎葉の汁が皮膚につくとかぶれる。湿り気のある土地で山菜採りをする際は、本種をいっしょに採取しないように注意が必要である。特にセリとはよく似た環境に生育し、葉の一部だけだとよく似て見えることもあるので気をつけて下さいね。 材質: 針金、鉄  制作:2020年 Mami Yokoyama