katabami (カタバミ)
5e96f63a72b91156c16d1274 5e96f63a72b91156c16d1274 5e96f63a72b91156c16d1274 5e96f63a72b91156c16d1274 5e96f63a72b91156c16d1274 5e96f63a72b91156c16d1274

katabami (カタバミ)

¥4,800 税込

送料についてはこちら

カタバミ=酢漿草、片喰、傍食、学名"Oxalis corniculata"オキザリス・コルニキュラータ"はカタバミ科カタバミ属の多年草。 日本の地方名には「かがみぐさ」、「すいば」、「しょっぱぐさ」、「すずめぐさ」、「ねこあし」、「もんかたばみ」などがある。 地下に球根を持ち、さらにその下に大根のような根を下ろす。匍匐茎をよく伸ばし、地表に広がる。このため、繁殖が早く、しかも根が深いので駆除に困る雑草である。 葉は球根の先端から束に出る。葉は、ハート型の3枚が尖った先端を寄せ合わせた形。三出複葉だが、頂小葉と側小葉の区別はつきづらい。マメ科のクローバー(シロツメクサなど)とよく間違われるが、クローバーは葉の形状が丸く白い線があり、全く異なる植物である。しかし、ロゴマークなどで葉の形状を誤解してハート型で描くことでクローバーのつもりでカタバミとなっているケースがある)ももいろクローバーZのロゴ等)。クローバー同様、カタバミにも四葉、六葉といった多葉変異体が発生する。クローバーに比べて環境耐性が高いためか、発生率はクローバーのそれに比べて低いとされている。  春から秋にかけ黄色の花を咲かせる。花びらは5弁。日向では花を出すが、日陰に咲いてしまうと花がしぼんでしまうのが大きな特徴である。 果実は円柱状で先が尖り、真っ直ぐに上を向いてつく。成熟時には動物などが触れると、自ら赤い種子を勢いよく弾き出す。最大1m程度までの周囲に飛ばすことができることも繁殖に有利となっている。   材質: 針金、鉄  制作:2020年 Mami Yokoyama